沖縄三板協会概要

 沖縄三板協会(旧日本三板協会)は、2001年3月8日(さんばの日)に、「琉球民謡に欠かせない打楽器、三板を世界にも広めよう」と結成されました。
 あなたも、ポケットサイズで、どんなジャンルの音楽にも合う三板を始めてみませんか?
 初心者でも気軽に楽しめます!

◎三板協会 会員数 
2009年2月現在 392名

◎活動内容 
  ・毎月8日に三板協会理事による「三板実践教室」開催
  ・3/8のさんばの日 イベント
・三板講習依頼があれば講師派遣  
・三板DVD作成し販売

◎歴史
2001年「三板を世界にも広めよう」と、日本三板協会発足。
以後、毎年3月8日は「三板の日」として、イベントを開催。
会長は大学で音楽理論を教える杉本信夫、名誉顧問は登川誠仁、理事長は田場盛信。
2007年「沖縄県人キューバ移民百年記念」のときにキューバ共和国在沖縄県人会へ三板30丁を寄贈し、感謝状を授与される。

2010年6月1日「日本三板協会」から「沖縄三板協会」へ名称変更しました。

 事務局
キャンパスレコード(備瀬)
電話098−932−3801(さんばいちばん)
住所沖縄県 沖縄市 久保田1−7−22

電子メールbcy@campus-r.com
 
◆TOP◆